【医療費控除】スマホで確定申告してみた【ふるさと納税】

Uncategorized

 

こんにちは!ずみです(^ ^)

先日、スマホにて医療費控除とふるさと納税の

確定申告をやってみました(^ ^)

 

本日は実際にスマホから操作してみたので

手順などを紹介したいと思います(^ ^)!

 

・確定申告初めてだけどどうやるの!?

・医療費控除やふるさと納税のやり方がわからない!

 

という方の参考になれば幸いです(^ ^)

 

 

私自身も医療費控除やふるさと納税は初めてやるし

税務署に行って書いたほうが良いかな?と思ったのですが

 

・いろいろな書類や領収書をもって税務署に行って書くの面倒臭い…

・もし忘れ物があって取りに帰らなきゃいけないなんてことになったら最悪…

 

なのでスマホで提出できるよう、ID・パスワードを発行してもらいました(^ ^)

 

※初めてネットから確定申告する方はID・パスワードを

 発行してもらう必要があるので近くの税務署へGO!

 

発行してもらった後も『あとでやろ〜』『次の休みにやろ〜』と先延ばしにしまくっていたのですが還付金の存在が私の重い腰をあげてくれました。笑

 

いざやろう!となった時にスマホからのやり方で

わかりやすいサイトがなかったので結構手探りでやってました。 

私のような確定申告素人で慌ててる方のお役に立てれば幸いです(^ ^)

 

PCからだとOSやブラウザの推奨環境があるので

スマホからのほうがやりやすいかなと思います。

ちなみに私の10年来のPCでは無理でした。笑

 

それでは以下、私がやってみた確定申告の手順です(^ ^)

(※会社員・他所得なし。2021年2月時点のものとなります。)

 

 

事前準備

 

確定申告では色々と数字を記入する箇所があります。

以下の書類や領収書を手元に用意してから始めましょう。

私はなんども計算し直しました。笑

 

【使ったもの】

・源泉徴収票(1月ごろに会社でもらう)

・医療費のお知らせ(1月ごろに会社でもらう)

・どこの病院でいくら支払ったかの領収書

・保険等で補填された金額はいくらか

・交通費の総額

・ふるさと納税の証明書

 

これらをまとめておくとスムーズに入力できますよ!

それではさっそくスマホでの手順を見ていきましょー!

 

最初に

 

こちらがスマホ版の確定申告作成コーナーです。(令和2年度版)

 

作成の流れはこちらの下に【作成開始】のボタンがあるので

そこをクリックすると入力スタートです。

 

 

まずは収入の選択です。

会社員で給与所得のみの場合は【給与】にチェックでOK。

 

 

該当するものを【はい】【いいえ】で選択。

 

 

他の追加項目は私は特になかったので【いいえ】を選択。

そのあとマイナンバーかパスワードかを選択します。

 

 

本人情報の入力

 

ログイン後、本人情報の入力に進みます。

 

本人情報を一通り入力し終わったら

会社から1月ごろに配布される源泉徴収票を用意!

 

 

源泉徴収票に記載のある通りに入力していけばOK。

数字を入れると自動で計算がされるので、打ち間違えないようにしましょう!

 

控除の入力

  

続きましてお待ちかねの控除の入力です。

私の場合は医療費控除&ふるさと納税です。

 

 

  

医療費控除に関しては、医療費控除かセルフメディケーションか

選べるので対象の方を選択しましょう。併用はできないみたいです。 

 

 

私は会社からの医療費のお知らせと

他の治療費もあるので3つめを選択しました。

 

 

詳細記入欄はこんな感じ↓

 

医療費のお知らせ以外の分は別途入力が必要です。

病院名・種類・金額を入力していきます。

 

これで医療費控除は一通り終わりです!

 

ふるさと納税は入力する箇所も少なくて

シンプルなのでサクッとできます(^ ^)

 

↑の+マークを押して

寄付対象の自治体を選択しで金額を入力すればOK(^ ^)

 

これを記入し終わると

・送付用のデータの確認画面

・実際に送付する画面

・還付金の返還口座の設定

・還付金の予想金額

・税務署へ提出が必要な書類の説明

 

などが確認できますので、

スクリーンショットやデータの保存をかけて終了しましょう!

 

 

以上!スマホで確定申告してみた手順&感想でした。

少しでも参考になりましたら幸いです(^ ^)

 

 

それではまた次回(^ ^)bye

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました